2006年11月07日

足の裏。

10月の中旬あたりにたかしが足の裏がいたいというので、
とげでも刺さったかなぁと思い、抜いてあげました。
ばい菌が入ったら困るとおもって、処置をしておいたのですが、
それが、足りなかったようで、まだ治らないため病院にいってきました。

皮膚科の先生「これは・・・とげじゃなくていぼですね・・・」

いぼ?いぼって、あのいぼ???

いぼといえば、膨らんでいるイメージがあるんだけど・・。

まぁ、先生がいうんだから、まちがえはないよなぁ。
しかも、ウイルス性のいぼらしく、人にうつる可能盛大。
ということで、しばらく、通院することになりました。
とりあえず、昨日の処置は、−196度で、菌を撃退。
−196度ってどんなもんだろう。
ドライアイスより冷たいものなんだろうなぁ
冷たいというより、痛いだねぇ。

足の裏は、ばい菌も入りやすく、小さい頃に画びょうとか踏んだ時は
父がマッチと五円玉と油をもってきて、
局部に火をつけた思い出があります。
あれが、怖くて、やる前から泣いてったっけな〜〜。

あと、足の裏にあるほくろはガンの疑いがあるとか言われてるし、

足の裏のつぼを押すことで、弱ってる部分もわかるしね。

第二の心臓と言われてる足の裏。
大切にしないとね。
posted by 梅子 at 09:42| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Takashi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。