2006年11月24日

白夜行

最近、ゲームよりももっぱら、読書に走ってます。本
遅れながら、東野圭吾さんの「白夜行」を読みました。
確か、一年前にこのドラマをみて、ドキドキハラハラした記憶があります。
原作絶対読みたいと思い、やっと読み終えました。

原作は、ドラマでは、登場してこない人物がたくさん出てきます。
印象に残ってるのは、探偵の今枝さん。
ドラマでは、笹垣役の武田鉄矢が演じてました。

章ごと、亮司と雪穂の場面が入れ替わります。
二人の場面でも、事細かく、表現されていて、また違った角度から
この作品を、楽しむことができたなぁと感じた。

でも、ドラマの方が、笹垣、亮司、雪穂の気持ちが
すごく伝わったかなぁと・・・・。
2人の犯した罪を、許せない思いというより、
助けてあげたいという親心な部分。
本を読みながら、そんな場面が頭に浮かんできました。

ドラマを見る前に、本を読んでたら、
犯人がわからないまま事が進んでいったので、
ドキドキハラハラだったろうなぁっとも感じました。

少し前に、東野圭吾原作の映画「手紙」が公開されました。
見たい〜〜〜。でも、今度は、原作から入って見ようかなぁ。

東野圭吾さんの作品にはそそられてしまいます。黒ハート

さて、今度は何を読もうかなぁ〜〜

【関連する記事】
posted by 梅子 at 10:48| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
chikoが梅子はここに夜行が探偵したいなぁ。
でもここで梅子とここまで記憶しなかったよ。
Posted by BlogPetのchiko at 2006年11月26日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28170336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。